名駅で9月にオープンの

大衆ホルモン・焼肉店「煙力(けむりき)名駅本店」様

のデザイン〜看板製作・店内装飾等をお手伝いさせていただきました。

IMG_7440

道路面には大きな額縁看板、一押しネタを紹介する木板風看板でインパクト大です。

IMG_7294

スポットライトに照らされて夜に存在感を増す、50mm迫り出している立体ロゴ文字が映えます。

IMG_7442

オリジナルの営業プレート、懐かしい感覚を誘う暖簾とすぐに目に飛び込んでくる「ホルモン」の文字

IMG_7399

入り口には屋号を書き入れた特大提灯が鎮座。灯を入れることで提灯特有の良いアイキャッチとなります。

IMG_7439

道を通る方が店先でも確認できるように電飾スタンド看板には、商品詳細(メニュー)のご案内を。

IMG_7388

店内の装飾提灯にもお店の売り・キャッチコピーを入れて賑やかに

IMG_7398

品札は壁に貼り付けるのではなく、傾きをつけて存在感を増しています。こういったお店のちょっとしたこだわりが店内全体の雰囲気を作り出しています。

この他、チラシ、メニュー等もお手伝いさせていただきました。

IMG_7438

煙りモクモクの店内での焼肉はテンション上がりますね!

個人的なオススメはジューシーな塩タンですよ!

 

大衆ホルモン・焼肉店「煙力(けむりき)名駅本店」様

大きな階段の正面部分を広告面に利用したグラフィック装飾を行いました。

公共的な場所での階段ラッピングは階段自体も平滑面が多いので、通常はインクジェットプリントした糊付シート貼りで対応しています。

しかし今回は接着面が凸凹で通常のシートではつきません。

そこで、凹凸面でもシートが追随するアルミ基材のシートで対応。

img_1893

アルミホイルが食いつくように凸凹面に密着するシートです。

img_1883

img_1884

img_1886

遠くから見て絵柄がしっかりあってくるか確認をしながら貼り付けて行きます。

img_1895

img_1894

色彩 鮮やかなグラフィックと大きな面積でかなり目立つサインとなりました。

img_1901

■■■サイン施工事例公開中■■■

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-20-43-14

先日、あま市の介護施設様で室内装飾のお手伝いをいたしました。

IMG_9105

全長20mの廊下の床面にカラフルな装飾です。

屋外用のインクジェットプリントに、表面をノンスリップ加工した

床用エンボスラミネートでコーティング。

花や植物の形状にカットされたシートを貼っていきました。

IMG_9101

歩くリハビリなどに活用いただけるように、「スタート」「5m」と

表記を入れたり、運動の指示として番号を記載するなど

施設の方からのリクエストも織り交ぜながらの製作でした。

無機質な空間を可愛らしい装飾で飾りつけるのと同時に、

運動の案内の機能もあるというのは大変面白い取り組みでした。

グラフィックプリントに携わる私たちにとっても

新しい刺激を頂く良い機会となりました。

IMG_9100 IMG_9099

 

地元で活動されているグラフィッククリエイターYASDAQこと加藤康仁さんが

ご自身のイラストにリオグラフィコを載せてくださいました。

11822463_953607604698506_440887717828858733_n

独特の世界観とカラーが魅力的なイラスト。

これはほっておけないということで

大きくプリントしてみましたよ。

IMG_8810

事務所の殺風景な壁面を

IMG_8833

覆うグラフィック。

だいたい幅2.5m×高さ2.7mの壁面にプリントしたシートを貼りました。

イメージがガラッと変わってきます。

今回は壁紙の上から直接貼り込むため、

  • 壁紙面が多少凹凸があるためそれに影響されないもの、空気抜けのよいもの
  • 貼り込む際にヨレなどが起きてもすぐに対処できるよう再剥離性のあるもの

を考慮して、ちょっと特殊な糊面がドット状のシートを用意しています。

とは言ってもこれだけ大きな面積のものは貼りなれた人でないとなかなか難しいかもしれません。

面積も大きいのでシートのプリントも2分割になります。

IMG_8812

特に分割された絵柄を合わせる部分は大変です。

IMG_8818

壁紙に比べて、シールは比較的お手軽といえるとおもいます。

これを機会にもう少しいろいろ試してみようとおもいます。

 

リオグラフィコのユニフォームが出揃いました。

IMG_5652

 

 

今回はシルバーでロゴを黒のポロシャツにプリント。

デザインは統一した上で

スタッフ各々好きな所にプリントしました。

それぞれ個性が出て楽しいです。

 

IMG_5650

多少「とんがった」イメージになりますが、

見かけたお客さまから「シルバーもできるんだね」と

声をかけていただいたりしてなかなか好評です。

IMG_5643

 

IMG_5649

IMG_1531

はやりの自撮りの延長(笑)で顔ハメパネルはいかがでしょうか?

静かなブーム?の顔ハメパネルを先日製作させていただきました。

ということで製作過程を見ていきましょう。

ラフ案からデザイン決定まで

お客様から「顔出しパネルで2匹の猫」というリクエストから
イメージラフ案をまずは出します。

IMG_1347

こんな感じです。

金運と恋愛運?の猫にしようというのがこの時点で決まってきます

イラストをデータに起こしていきます

IMG_1378

方向性やイメージが固まってきます。

データで作成、背景装飾を2パターンつくってみました。

IMG_1488

赤青のストライプの方に決定。

細かな部分の修正をお客様とやりとりします。

校了後、印刷です。

さあ、印刷しましょう。

大型の溶剤インクジェットプリンターでプリント。

表面をUVラミネートします。

IMG_1538

ベース板に貼り込みます。

IMG_1539

その後、指定した形状にカット、パネルが自立するように
背面に木枠を組み完成です。
(写真をとりわすれてしまいました。汗。)

パネル素材や背面の形状は設置場所(屋外、屋内)によって
毎回選定しています。

できあがり!

お店ではこんな感じでPRしていただいてます。

IMG_1531

子供やファミリー、友人同士で顔出ししやすいのがいいですね。

顔だけ露出の顔ハメパネルは撮影に結構敷居が低いようで、
自撮りをあまりしない人も楽しんで撮影する方も多いみたいです。

お店の方も「気軽に撮ってフェイスブック、ツイッターでアップしてね!」と
案内しておけば、SNSにシェアしていただけるお客様も見えます。

リオグラフィコってどんなことやってるの?

というご質問をたくさんいただきながら、

なかなかご案内しきれないでいましたが(^^;)

 

スクリーンショット 2015-08-10 10.19.29

 

ようやく製作事例写真をまとめはじめました。

http://riografico.tumblr.com/

こちらから一覧をご覧いただけます。

「懸垂幕」「塩ビシート」「カッティングシート」など

大体のカテゴリー分けをしています。

順次内容を増やしていきますので

ぜひ御覧ください。

なお、リオグラフィコのツイッターでも写真アップとともに
つぶやいていますのでこちらもよろしくおねがいします。

リオグラフィコでは公共施設等での利用者誘導や案内のサイン施工も承っています。

今回はサイン周辺の改善についてレポート致します。

企画・デザイン~制作~施工までの工程で

流れとしては

【1】現状サインの問題点のヒアリング、洗い出し

改善前の状況を確認しいろいろな方の視点から問題点を洗い出します。

【2】新規サインのコンセプト出し・確認

施設に必要とされているサインの種類と色味、雰囲気等の本質的な内容を確認します

【3】より実践的なサインの改善案

各場所に必要とされるサイン、案内の改善案を出して行きます。

【4】制作

リオグラフィコでは業務用プリンター等を仕様し自社でサインを作成します

【5】施工

最終的な位置を確認しながら施工します

といったところです

一番重要なのは

【1】現状サインの問題点のヒアリング、洗い出し

ここでしっかり状況を把握する為に細かくお伺いし
自分たちの目で確認します。

一部ですが具体的な写真を見ていきましょう。

 

細かなPOPの情報を整理して全体的に統一されたトーンで
カテゴリーをくくることが大切です。

 

サインが必要と思ったところはある程度の期間は簡易POPで試してみて
それがしっかり機能すれば恒久的なサインに移行することもあります。

 

「囲み」を決定することで「この情報はここまで!」と周知させることができます。

 

サインの本質は「伝わる」こと。ですので分かりやすさが大切です。
そして見やすいデザイン性も。

 

伝えたいことをシンプルにして
遠距離からの情報把握と近距離での情報伝達にメリハリをつけます。

いかがでしたでしょうか。

部分的なサインですが、それだけでも施設全体の雰囲気もかわってきます。

 

先日ご紹介した「透明自己吸着フィルム

一般の方が貼っても簡単に吸い付くようにくっついてくれますが

面積が大きくなるとほこりやゴミなどが入り
その部分だけ空気が入ってしまいます。

そうなると仕上がりもあまり綺麗ではありません。

そういう時はちょっと手間をかけて「水貼り」です。

o0480064013153745163

例としてこちらの扉窓全面に透明フィルムを貼ってみましょう

サイズが間違ってないかまずは確認。

【ポイント1】

前準備で一番大切なのはゴミがガラス面についていないように
しっかり清掃をすることです。

ここで汚れていたり、ゴミがついてたりすると仕上がりに大きく影響します。

o0480064013153745164

ガラス面が綺麗になったらフィルムの台紙を剥がして
いきましょう。

ぺりぺり、慎重に。

o0480064013153745165

剥がしながら水に少しの家庭用洗剤を入れた「石けん水」を霧吹きで吹いていきます。

【ポイント2】多すぎるくらいの水の量で良いです。

フィルム糊面とガラス面にも吹き付けます。

o0480064013153745162

位置をざっとあわせると水でくっついていきます。

フィルムとガラスの間に水がありますので
多少の位置ずらしは簡単に力を加えれば動いてくれます。

o0480064013153745358

スキージー(ヘラ)でおさえていきます。

水を外に出す要領で中央から外へスキージーを
うごかしています。

o0480064013153745357

【ポイント3】少しづつ丁寧に時間をかけておこないましょう。

 

o0480064013152731139

完成です!

ひと手間かかりますが綺麗に仕上げるには
大切な作業です。

リオグラフィコでは
デザイン~プリント~施工まで一貫して
お受けすることももちろん可能です。

リオグラフィコ
<特殊メディアリスト>はこちら

結婚披露宴では寄せ書き色紙などは定番中の定番で
みなさん盛り上がりながら冷やかしながらも
楽しく書き込みされてるなんて風景よくありますよね。

t02200220_0300030012936306451

今回はちょっと変わり種の寄せ書きパネルをご紹介します。

出席者の方にはシールタイプのシートをお渡し。

かわいい風船の形に既に切り抜かれていたりします。

シールは紙では無く表面は布風の風合いのある素材です。

ここにそれぞれ思い思いのこと書いていただきます。

o0427064012936306452

それをパネルにぺたぺた貼ってたくさんのカラフルな風船が
かわいらしい一枚のパネルになります。

書き込みの人数によってパネルの大きさも変動します。

o0640042712936306453

このまま新居に飾っていただくのにBESTな寄せ書きパネルです!